資格試験の概要

以下、貸家経営アドバイザーをKA、貸家経営診断士をKSと略称します。

受験対象者

KA貸家経営アドバイザー

受験資格に制限はありません。どなたでも受験できます。

 

受験をおすすめする方
賃貸住宅オーナー・銀行の貸付担当者・宅地建物取引業者・賃貸管理業者・建築工事関係者など

 

KS貸家経営診断士

受験資格として、以下の資格のいずれかが必要です。
貸家経営アドバイザー(資格登録者)・宅地建物取引士・税理士・公認会計士・FP・中小企業診断士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・建築士・弁護士・司法書士・行政書士

資格取得にかかる費用

  貸家経営アドバイザー(KA) 貸家経営診断士(KS)
受験料 5,000円+税 8,000円+税
登録料(3年分) 15,000円+税 20,000円+税
年会費 無料
更新期間 初回合格から3年毎に更新します。
更新試験があります。
教材費 テキスト 2,800円+税/問題集 2,200円+税
自宅など、お好きな場所で学習してください。

受験方法

全国150か所の会場と希望日時を選んで受験します。試験は、予約した試験会場にあるコンピュータで行います。試験の結果は試験の終了と同時に確認することができます。

受験申込

受験について詳しくは、それぞれの「受験の流れ(申込み)」をご覧ください。

 

試験科目など

  KA KS
A住宅市場論
B貸家経営論
C税務知識
40問

20問
20問
20問
出題数 40問 60問
試験時間 60分 90分
合格基準 60%以上 70%以上