【RA経営】RA(戸建貸家)の設計のポイント

①1階の床面積は13.5坪
標準的なRAは、延べ床面積が25坪程度です。
実際は、土地オーナーが建築士の先生と協議しながら活用する土地にマッチするように、設計をします。RAは周辺の賃貸住宅とは完璧に差別化が図れます。

 

②一戸建の本物のRAを造る
最大の特徴は、1棟ずつ独立したRAのプランにします。共同住宅とは異なり、隣や上下階に気兼ねなく暮らせる本物のRAライフを実現することです。また、庭や専用のガレージが実現します。庭ではガーデニング、バーベキューもでき、ウッドデッキも設置可能です。

 

③「借りるマイホーム」仕様に仕上げる
その立地に合わせて、借家人を絞り込み、内部仕様を整えます。
例えば、最も多い「子育て人」を借家人とする場合には、子供部屋の壁紙は明るく仕上げます。電気のスイッチの高さは低くします。庭に物置があれば喜ばれます。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト