共有で相続した「空き家」の処分方法【空き家】

 

①共有持分での相続問題
実家や空き家を兄弟など複数の相続人で相続した場合は、各自が共有持分で所有権を取得します。遺産分割に際し、安易に共有持分にする例が多く見受けられますが、多くのトラブルが生じます。
民法では、修繕する場合には共有者の過半数の同意が、売却したり賃貸するには全員の同意が必要になります。共有者の意見が一致しないと空き家の処理について身動きがとれないことになります。

 

②遺産分割時に単独所有にすること
相続人が複数いる場合には、遺産分割協議で話し合い、実家や土地・建物を相続する人は、単独とした上で、他の相続人は、共有持分相当の現金を受取る方式がベストです。これを「代償分割」といいます。
例えば、実家が3,000万円の評価として相続人が3人(長男、次男、三男)の場合に実家を長男が、単独で相続し、長男が次男と三男に1,000万円ずつ支払うという分割方法です。この分割では贈与などの問題は生じません。全員1,000万円分の相続をしたことになります。

 

③すでに共有持分となっている空き家の処理
遺産分割の失敗で、すでに共有持分となっている空き家は、単独所有とする努力をします。
前例で長男が単独所有を望む場合に長男が次男・三男に、それぞれ1,000万円の売買契約をして、現金を支払う方法があります。この場合、次男と三男には譲渡所得の税金がかかります。
空き家の価値がない場合に、次男と三男が長男に「共有持分を放棄する」旨の通知書を送付し、長男が共有持分を移転する登記をする方法があります。
また共有者の1人が行方不明である場合には、弁護士や司法書士に相談して下さい。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト