遺産分割前に預金引出しが可能になる【法律・民法】

          

 

(1)分割協議が整うまで、個人の預金は引出し不能
遺言書を残さずに亡くなった場合、故人の遺産は相続人の共有となります。この遺産を分けるためには、全員で話し合って決める「遺産分割協議書」が必要になります。この協議は、相続人が離れて暮らしていたり、しかも全遺産の分割を行うため、時間がかかるのが通常です。この協議の期間中に、生前の入院費や葬式代などの支払いが必要になります。これまでは、分割協議が整うまでは、故人の預金が引き出せないため、相続人が立替え払いをしていました。

 

(2)預金の仮払いができるようになった
2018年(平成30年)7月に改正された民法の相続に関する規定のうち、相続開始日(死亡日)が2019年(令和元年)7月1日より、預金の仮払いができるようになりました。
①遺産分割協議中の仮払い
 金融機関に戸籍謄本などを提出すれば、次の金額の故人の預金の引出しが可能になりました。
 相続人1人当たり、「預金額×1/3×法定相続割合」の金額のうち、1金融機関当たり150万円

 までの金額。
②協議がこじれた場合の協議中の仮払い
   裁判所が必要と認めた金額が引出し可能になりました。

 

(3)相続分が少なければ返金する
故人の預金を引出した後も預金はあくまで相続人全員の共有財産です。例えば、遺産分割協議の結果、ある相続人の取り分がゼロと決まれば、その人が既に引出した預金は他の相続人に渡す必要があります。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト