賃貸経営の戸建て貸家(RA)投資が先、マイホームの取得は後【マイホーム】

 

①マイホーム取得で一生を棒に振る
「マイホームを取得せよ」というのは 住宅市場が変化した今では単なる広告宣伝文句なのです。この営業活動は日本政府を巻き込み、ハウスメーカーと金融機関が一体となって仕組んだ陰謀なのです。この陰謀に躍らされた若者が、誤ってマイホームを取得し、一生を棒に振っているのです。

 

②空き家をリフォームして貸す
戦後70年も陰謀を続けたため、今や846万戸もの空き家が生じました。この空き家の残された活用方法は一つしかありません。「リフォームをして貸す」ことだけです。これを筆者は「リフォレント」と名づけ商標登録をしています。空き家をリフォレントして貸すことができれば低家賃で若者が住めるのです。

 

③住宅は借りてRA投資にチャレンジ
子育て中はマイホームは取得せず、借りるのです。安い家賃は郊外に行けば必ずみつかります。そして「教育資金」に集中します。その間、RA投資にチャレンジします。子育てが終わってから、マイホームを検討します。

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト