賃貸経営は戸建て貸家(RA)が主流になる【住宅市場】

 

①アパートに空き家の山
住宅市場では 「共同住宅」は狭い面積の物件が供給過剰となっており、空き家はアパートで26.6%にも達し、やがてゴミとして、市場から消えてゆきます。
一方「RA」は希少物件で722万戸も不足しており、これから15年以内に市場の主流になります。

 

②RAは誰もが住みたい借りるマイホーム
戸建貸家のRAは共同住宅とは比較にならない優位性があり、オーナーにも借家人にも喜ばれる賃貸物件なのです。
賃貸物件の中から戸建貸家にスポットライトを当て、差別化を図るためにRAとネーミングいたしました。

 

③賃貸住宅はRAが主流になる
「RA」を市場に明示することで住宅市場が劇的に変化を始めます。
それは共同住宅(アパート、賃貸マンション、分譲マンション)から目線が離れ、改めて RAに気付きます。オーナーはRA投資を開始します。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト