賃貸経営の「戸建て貸家」をフランス語からRAと命名【RA経営】

 

①RAは戸建ての「借りるマイホーム」
筆者は、2008年に「高収益を実現する『新貸家』経営成功の秘訣」(ダイヤモンド社)を、2011年に「土地オーナーのための『貸家』経営のすすめ」(中央経済社)を、2016年に「今こそ!貸家ビジネス成功の秘訣」(週刊住宅新聞社)を出版し「戸建て貸家」としての優位性を説いてきました。

 

②フランス語からRA(アールエイ)と命名
もう10年も前から差別化を訴え続けていますが、ここに来て、ようやく「戸建て貸家」が認知され始めましたが、前述のとおり、「貸家」は賃貸住宅の代名詞になりました。
そこで、フランス語の「貸家」=「ユヌ メゾン アルエ」を源として発音調整を試みて、「戸建て貸家」を「RA」(アールエイ)と命名しました。

 

③RAの普及を目指す
この「RA」は戸建「貸家」、戸建「賃貸住宅」の代名詞・総称です。アパートに対比するものとして、社会的普及を目指します。皆様方のご協力をお願いします。
この「RA」は商標登録済です。

マスメディアの方は自由にお使いください。

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト