令和時代の賃貸経営は戸建て貸家(RA)のみ【RA経営】

 

①新築するRA投資
35年間住宅ローンを払い続けて人生が終りになる、マイホーム(分譲住宅・分譲マンション)の購入を止めた借家人がRA に入居します。
賢明なサラリーマンの方は自分のライフステージに合わせてRAを転居しながら、一方では所有地に

RA投資(新築 )を始め、財産形成をします。

 

②中古のRA投資
また、新築RAだけでなく、空き家や中古物件は「リフォレント®」し、中古RAとして安い家賃で市場に供給されはじめ、多様なRAの市場が形成されます。「リフォレント」とは「リフォーム」と「レント」の合成語で、商標登録済みです。「リフォレント」の意味は、リフォームをして貸すことです。

 

③RAは必ず普及する
今、「所有の時代」から「RAの時代」を迎える「夜明け」の時です。
実は、戦前は住宅の75%がRA(戸建貸家)だったのです。ゆったりと暮らしていました。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト