注文RAと規格RA(RA戸建て貸家)の比較【RA経営】

(写真は洋館家本店の戸建賃貸住宅

 

①「仕立服」の生産
洋服の○○が出現する以前は、街には「テーラー(tailor)」「仕立屋」さん、「洋服屋」さんが、注文服を受注していました。
洋服生地を見せ、体型を採寸し、仮縫い、縫製して販売していました。
現在でも、特別な体型の方や高級生地、舶来生地を使ったもので個別受注しています。

 

②「仕立服」と「注文RA」
「仕立服」を「RA(戸建て貸家)」に当てはめますと、「注文RA」になります。
「注文RA」はオーナーが所有している土地の地形に合わせて、RAを個別に設計し建築しますから、当然建築価額は高くなります。
地形が変型な地形、例えば三角型とか長方形の場合には「注文RA」にせざるを得ません。

 

③「既製服」と「規格RA」
洋服がどんどん普及しはじめますと、大量に売れますから各人に合わせて受注し、仕立てをすると間に合わないし、高くつきます。
そこで、あらかじめ標準的な体型の方に向けて洋服を作り販売する洋服店が出現しました。

これを「RA」に当てはめますと、「規格RA」になります

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト