オーナーがRA経営士になること【RA経営】

 

①RA経営士に相談すること
オーナーの立場から、オーナーのために、オーナーの味方としてRA(戸建貸家)経営に関して相談ができる専門家は日本で唯一「RA経営士」だけです。
「住宅市場論」の受験科目だけでも、日本のほかの資格試験には試験科目はありません。つまり、他のどの資格者もRA経営に関しては「ズブの素人」なのです。

 

②他の資格者は素人です
オーナーがRA経営を検討中に顧問の「税理士」に一番先に相談されます。 
しかし、その「税理士」は税の専門家であって、RA経営の素人ですから、否定的な答えが返ってきます。
その他、宅地建物取引士、FP,中小企業診断士など 「RA経営の素人に相談してもダメ」です。

 

③オーナーがRA経営士になる
現在はまだ、RA経営士が少ないため、相談する相手がいません。オーナー自身がRA経営士のお勉強をすることから、成功への第一歩が始まります。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト