賃貸経営の成功は「立地」にあり【RA経営】

 

①賃貸経営成功の方程式
大友哲哉「空室対策やるだけムダ!」週刊住宅新聞社刊(2013年)の著書に「賃貸経営成功の方程式」として、立地(R)×努力(D)=儲け(M) が書かれています。

 

②立地(R)と努力(D)と儲け(M)の関係
筆者の解釈では、「一流の立地」は、立地が10と良いので、1倍の努力をすれば10の儲けが出ます。「二流の立地」は、立地のパワーが1ですから、10倍の努力をすれば10の儲けが出ます。「三流の立地」は立地のパワーが0ですから、100倍の努力をしても儲けは0になります。

 

③三流の立地の空室対策はムダ
「三流の立地」の地価は下がります。そして、「地価とは、その地域、その街の評価を金額に表したもの」です。
空き家対策を「やるだけムダ」な土地。つまり「三流の物件は一刻も早く売却すること」とされています。良くなることは有り得ないので、早めに処分するしかありません。

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト