RA経営士・初級の「住宅市場論」の内容【住宅市場】

 

①住宅市場の現状分析
政府は景気対策として住宅の建築を優遇する政策を取り続け、持ち家と賃貸住宅の建築が進みました。それに人口減少社会が到来し、現状では供給過剰で、 846万戸もの空き家が生じました。

 

②賃貸住宅の現状分析
賃貸住宅の空き家は431万戸ですが、アパートが約30%、賃貸マンションが約20%空き家になっています。そして、広さの別では、狭い賃貸住宅が供給過剰になっており、広い賃貸住宅は大幅に不足しています。

 

③賃貸住宅のトレンド
今後、大都市では賃貸マンションが、中小都市ではRAがトレンドです。アパートの時代は終わり、今後はRAが賃貸住宅市場の主流になります。

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト