広いマイホームは買わざるを得ない【マイホーム】

 

①広い賃貸住宅が市場にない
これまでの解決策としては、分譲マンションや建売住宅など「広い住宅を買う」という方法でしたが、様々な市場の変化で急ブレーキがかかってきました。
「何故、住宅を買うのか」と言うと、それは広い賃貸住宅が市場に供給されていないからです。

 

②広い住宅は買わざるを得ない
アパートも狭く、鉄筋コンクリート造りの賃貸マンションも狭いのです。
そこで、広い住宅を捜すと「分譲マンション」か、「建売住宅」になってしまうのです。
しかし、令和の時代には「買う」より「借りる」のが正しい選択になります。

 

③「広い住宅は借りる」のが正解
これからの解決策は一戸建てで、広い面積の「RA」(戸建て貸家)を借りる方法です。
「RA」は722万戸も不足していますから、借りたい人は山ほどいます。
また供給者の立場からは、土地オーナーは「RA」を新築し、サラリーマンは自宅を買うより先に

「RA」に投資するべきです。
早く知りたい方は、「RA投資の波にのれ」福田功・黒木貞彦著・中央経済社を読んで下さい。

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト