広めの賃貸住宅が大量に不足している【不動産投資】

    

                           老朽アパートは解体する

                             

①地方の不動産投資
筆者が分析した結果では、賃貸マンションが約20%空室になり、アパートでは約30%が空室になっています。人口が減少し続けていますから、これらの狭い賃貸住宅は供給が過剰で、新築しても借家人がいないのです。
また、住宅余りのため、共同住宅の形態が敬遠されています。
一方、広めの賃貸住宅が大量に不足しており、戸建「RA」の需要が高まっています。 

 

②新築のRA
RAは 「新築RA」とリフォレント=「中古RA」があります。
「新築RA」は自己所有地に「RA」を新築する、老朽アパートを解体して「RA」を新築する、自己資金で土地を購入して「RA」を新築するものです。

 

③中古のRA   
次に「中古RA」は「空き家」や「自宅」をリフォームして賃貸する、中古物件を購入し、リフォームして賃貸するものです。キーワードは広めの「RA」です。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト