分譲マンションは管理費と修繕費が高額【マイホーム】

 

①管理費の内容 
マンション管理費の主なものをピックアップしますと、エレベーター保守費、機械式駐車場保守費、受水槽保守費、など高額負担のものがあります。管理費が高くつく要因として大きく2つあります。

 

②過剰な設備の維持費
1つは当初設備の問題で、最初から設置されている設備の点検・保守費、運用費が高いものがあります。
例えば、機械式駐車場の場合には、平面駐車場に比べ、ものすごく点検・保守費がかかります。大型のマンションでは、プールや会議室などがある場合も、保守・メンテナンス費用が高額です。
こうした設備は撤去もできず、永久に点検・保守費や運用費がかかります。
 
③管理収入が減少する
2つ目は、管理収入の問題です。駐車場や駐輪場の貸付料や、貸店舗の家賃収入などは管理費収入となり、管理費の支払に補填されることがあります。この場合に、駐車場や店舗が空きになり、収入が入らなくなることがあります。その収入減少は最終的に管理費の増額になってきます。

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト