配偶者短期居住権を保護【法律・民法】

 

 

①配偶者短期居住権の取得
配偶者は、相続開始時に被相続人の建物(居住建物)に無償で住んでいた場合には、次の②の期間、居住建物を無償で使用する権利を取得します。

 

②配偶者短期居住権の期間
(ア)配偶者が居住建物の遺産分割に関与するときは、居住建物の帰属が確定するまでの間(ただし、最低6ヵ月は保障)。
(イ)居住建物が第三者に遺贈された場合や、配偶者が相続放棄をした場合には居住建物の所有者から消滅請求を受けてから6か月。

 

③制度導入のメリット
配偶者が、被相続人の建物に居住していた場合には、被相続人の意思にかかわらず、配偶者短期居住権が保護されます。
(ア)被相続人が居住建物を遺贈した場合や、反対の意思を表示した場合であっても、配偶者の居住が保護されます。
(イ)常に最低6ヵ月間は配偶者の居住が保護されます。

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト