自宅を買うと子供の成長を妨害する【マイホーム】

 

        

 

 ★子供の希望する高校への通学が、自宅から遠くなり進学を断念。

 ★子供が進学するため学習塾に通わせたいが自宅の近くにありません。

 ★子供にとって自宅周辺の環境が悪くなっても転居不能。

 

①子供の進学妨害
親としては、子供のためを考えて郊外の広い自宅を購入しました。小・中学校は自宅の近くにあるため、問題なく通学できました。
しかし、高校になると大学への進学のための希望校は自宅から遠いので進学できない「進学妨害」が発生します。
ここに至って、はじめて自宅の購入が間違いだったと気付くのです。

 

②子供の学習妨害
自宅の周辺に小学校の時から学習塾がないと、優秀な成績が取れません。郊外の自宅の周辺に学習塾がないと、お母さんが学習塾まで車で送迎することになります。自宅周辺の教育施設が不備な場合には、自宅は子供の「学習妨害」になるのです。

 

③子供の環境妨害
自宅を購入し、10年~15年経てば環境は変化します。子供の教育環境として、不都合になる「環境妨害」が生じます。
正解は、子供の成長に合わせて子供に必要な場所を求めて引っ越すことです。この点からも自宅は購入すべきではありません。

 

 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト