住宅ローンがなければ自由に仕事ができる【賃貸住宅】

 

       

 

   ★住宅ローンの借入有資格者は「がむしゃらに働く人」になります。

 ★推定95%の人が自宅は買わない方が良いことになります。

 ★自宅を買わないメリットを存分に確認してください。

 

①仕事と「借入有資格者」の関係
上の図表を説明します。仕事に対する考え方が「自分のやりたい仕事をしたい人」「仕事は生活の一部と考える人」に大きく2つに分かれます。
上の図表では「仕事中心主義40%」「仕事一部主義60%」と表示しています。以下は「仕事中心主義」から展開します。左と右への区分は半々と考え「2分の1」として%を表示しています。
「仕事が確定」とは、現在の会社勤務に迷いがなく、定年まで働く決意をしていることです。そして、「仕事が未確定」とは、今の会社に不満足であり、「転職したい」とか「別の仕事をしたい」とか「独立・開業」をしたいとか、常に悩み続けている状態のことです。
最終的に「借入有資格者」は5%の人になります。

 

②住宅ローンを借りてはいけない人
95%の人は自宅は買わないほうが良いのですから、自宅を買わないメリットを存分に確認してください。住宅ローンを借りなければ、自分のやりたい仕事ができます。

 

 

 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト