住宅ローンがないと想定外の変化に対応できる【賃貸住宅】

      

 

       

 

   ★想定外のリスクが起きると思う人が大多数です。

 ★リスク対策は貯蓄が一番です。

 ★住宅ローンがないと、貯蓄する余裕ができます。

 

①想定外のリスク
これだけ激しい変化のある社会で、「平穏無事」に生涯を終えることの方が稀だと思われます。
リストラ、倒産、失業、病気、長期入院、転職、親の介護、離婚、交通事故を起こす・交通事故に遭う、子供の病気、自然災害など、誰もが望まない出来事が起きます。
現在では、「想定外の出来事が起きる」と考える人が大多数だと思われます。

 

②リスク対策は貯蓄が一番
全方位のリスク対策として、貯蓄が最も便利な対策です。
ところが、住宅ローンを抱えますと住宅ローンの返済に追われ、資金の余裕がなく、備蓄はできません。

 

③住宅ローンがないと対策ができる
住宅ローンをかかえて、想定外の出来事が起こると、支払い不能になり、最後は自己破産に至るのです。住宅ローンをかかえることは危険なことなのです。
住宅ローンがないと資金に余裕があるため、上記の対策が可能です。 

 

 

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト