当面は郊外の空き家を賃借りする【賃貸住宅】

           

                     

   ★賃貸住宅市場は急速に変化し、アパートの家賃は2分の1に

 ★狙い目は郊外の空き家を安く借りることです。

 ★広めの戸建貸家RAがこれからの賃貸住宅の主流になります。

 

①賃貸住宅に住みます
自宅を買わなければ、親と同居して実家に住むか、賃貸住宅に住むことになります。
今後は、賃貸住宅市場が急速に変化し、好みの賃貸住宅が借りられるようになります。
 
②アパートが消えていく
上のグラフは共同住宅の家賃が頭打ち傾向であることを示したものです。こんな生やさしいものではなく、筆者はグラフの下の図表のように予想しています。
今後15年内に廃棄処分されて、アパートは世の中から姿を消してしまいます。そして、戸建貸家のRAが大量に供給され、自宅を買う必要が全くなくなります。

 

③空き家を賃貸で借りる
しかし、RAを建築する期間が必要ですから、今直ぐには間に合いません。
そこで、郊外の団地の空き家を賃貸住宅として借りるのです。家賃は5万円ぐらいでも借りられます。
自宅を購入しても郊外ですから、空き家を徹底的にリサーチしてください。
空き家は846万戸もあるのです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト