高齢者・女性でも借りられる【賃貸住宅】

                             

   

   ★賃貸住宅市場は狭いものや広いものが供給されるようになります。

 ★共同住宅のオーナーは工夫をして女性や高齢者に貸します。

 ★空き家をリフォレントして貸すと家賃が安く提供できます。

 

①賃貸住宅の現状
賃貸住宅市場は、現時点では共同住宅が88%の供給で、共同住宅の空き家は約430万戸もあります。
なぜこうなったのかは、需要(ニーズ)がないのにオーナーの論理で経営効率が良い狭い共同住宅を供給したからです。
 
②賃貸住宅市場の変化
現在の賃貸住宅の大量の空き家の処理は、家賃を下げて貸すが廃棄処分しかありません。
これまでのように、オーナーが借家人を女性だから高齢者だからダメと選別していると空き家のままになるだけです。

 

③弱者救済のチエ
共同住宅のオーナーは、借家人を選別していると経営に失敗します。
オーナーのリスクを抑えてあらゆる工夫をして女性や高齢者の弱者に貸すようになります。
例えば、女性には女性専用賃貸にするとか、家賃保証制度を充実させるなど工夫して賃貸します。高齢者には孤独死を防ぐ対策を考案(動きの感知、見回りのシステムの確立、介護付き)して供給されます。
また、高齢者向けには自治体が中に入り、賃貸する動きもあります。オーナーにとっては死活問題ですから、必ず弱者に供給されるようになります。 

 

 

 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト