「仮住まい」こそ最も新しい生き方【賃貸住宅】

                            

   

   ★昔は変化するのに100年かかったが今では10年20年で終了します。

 ★家族の人生も激しく変化するため足枷の自宅は不要です。

 ★人生のすべての所有はかりそめのものかもしれません。

 

①時代が急速に変化する
「社会、経済の構造が大きく変化するのに要する期間は(略)昔は100年かかったが、今では10年、20年で終了している。現在の持ち家と賃貸の割合が逆転して、戦前並みになるのは10年~15程度ではないか。」と、井上明義著 PHP研究所発行の「持ち家という病」に、記述があります。

 

②住み替えが必要になる
家族の人生も激しく変化し、自宅はいよいよ足枷となって不要になります。
変化に合わせて住み替えが必要になり、賃貸住宅が便利になります。
そして、賃貸住宅が住宅の中心になり、戦前の状態に戻るのです。

 

③最後まで仮住まい
石川貴康著 東洋経済新報社発行の「サラリーマンは自宅を買うな」177ページに次の記述があります。
「そもそも人生は仮住まいと言えるものでしょう。最後にはすべてをこの世にお返しして、人生を終えてあの世に行くのであれば、すべての所有はかりそめのものかもしれません。(略)自宅を持つことがいったいどれほどのことなのでしょうか」

 

 

 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト