子供の通学に便利なところに転居【賃貸住宅】

                      

   

   ★「受験戦争の低年齢化」には都市中心部の賃貸住宅に住みます。

 ★幼稚園・小学校時代は郊外の中古RAに転居します。

 ★中学校・高校時代は市内のRAに転居します。

 

①受験戦争の低年齢化(特別コース)
これまでの受験戦争は、高校や大学受験が中心でしたが、今は有名幼稚園や小学校、中学校など「受験戦争の低年齢化」が進んでいるのです。 この「受験戦争の低年齢化」は、自宅を買いますと郊外になるため、この戦争に参加できなくなり、第一歩から負け戦になります。幼稚園・小学校から有名校を狙うのであれば、都市中心部に暮らすことになります。

 

②幼稚園・小学校時代(通常コース)
郊外には宅地造成された団地に大きな家の空き家が沢山あります。この空き家を格安(月3~4万円)の家賃で借りて借家人がリフォームすることが可能です。先ず、ここに転居します。
 
③中学校・高校時代(通常コース)
中学校に入学すると、高校受験のため学習塾に通わせます。問題は、郊外の学習塾では進学に向かないことが多く、よりレベルの高い塾を探しますと市内になります。子供の塾通いのために郊外からRAに転居するのです。
さて、高校になりますと、いよいよ希望の大学を目指して、戦いが熱くなります。有名な進学塾を求めて都市中心部に転居します。親と子とで大学進学にチャレンジするのです。

 

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト