教育環境の良い場所に転居する【賃貸住宅】

              

   

   ★孟子の母は子供の教育環境の良い所に三度引越しました。

 ★子供を優先しますと子供の教育環境の良い所に転居します。

 ★教育環境は頭脳の教育だけでなく人間教育にも配慮します。

 

①教育環境の良い所に転居する
上の図は 子供の教育のためには良い環境を選ばなくてはならないという教えです。
幼稚園・小学校時代は学校への通学に便利の良い場所への転居を考え、中学校・高校時代は進学塾に通える場所への転居を考えます。
実際は、学校と塾だけでなく、教育環境としては図書館やスポーツセンターなども揃った静かな居住空間が必要です。これらも教育環境です。

 

②友人関係が悪ければ転居する
「朱に交われば赤くなる」とは「朱に近づく者は赤く、墨に近づく者は黒し」と言われるように、人は交わる友によって善悪いずれにも感化されるという諺です。近年では多くの場合悪い感化力について用いられています。
自宅が決まれば学校が決まり、友人も決まります。この友人関係が上記の「朱に交われば赤くなる」のです。 この友人関係を注意深く観察し、子供に悪影響があるとか「いじめ」があるとか発見したら、直ちに転居するのです。

 

③人間教育も大切
頭脳の教育だけでなく、人間力の養成も大事な子育てです。大自然の中で育てるか、街の中で近代的に暮らすか、人の中でコミュニケーションを取るのか、これらも重要な教育環境です。
いずれにしても、子供の教育期間中は自宅を買って足枷にするのではなく、RAを転居しながら子育てをしてください。

 

 

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト