サラリーマンができるRA投資【RA経営】

 

             

 

   

   ★地方では土地を貸す、売却する、財産の組換えをする。

 ★所有土地の老朽アパートを解体し、RAを新築する。

 ★空き家・自宅をリフォームして賃貸(リフォレント)する。

 

①地方での不動産活用
上の図表のように、新鮮味のある活用方法はありません。
土地のみを貸すのは収益性が低いですが、上物(うわもの)が不要ですから、賃貸借契約がしっかりしていれば、リスクのない活用です。
ガレージ、コインパーク、定期借地権の設定などで活用します。広い土地を持ったオーナーが自分で建物を建て借金するのを嫌って、定期借地権の設定を希望する傾向があります。
土地の価額は地方では需要が減少するため、トレンドは低下傾向です。早めの売却処分が有利です。ましてや老後の自活資金のために流動資金化すべきです。収益性のない不動産も買換えをします。

 

②「RA」に人気が集中
下の表のとおり、自己所有地に「RA」を新築する。老朽アパートを解体して「RA」を新築する。自己資金で土地を購入して「RA」を新築する。 「空き家」や「自宅」をリフォームして賃貸する。中古物件を購入し、リフォームして賃貸する。キーワードは広めの「RA」です。
自宅を買わず、RA投資を優先してください。

 

 

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト