人口減少社会は分散から集中へ動く【住宅市場】

 

             

 

   

   ★2005(平成17)年頃をピークに人口は減少し始めました。

 ★2050年に向けて人口が25.5%も減少していく予測です。

 ★人口減少社会ではこれまでのライフプランは通用しません。

 

①将来予測
国土審議会の2050年の予測ですが,総人口は3,300万人減少し,9,515万人になります。2005(平成17)年に比べ(以下同じ)25.5%も減少します。若年は約938万人減少し,821万人となり,53.3%の減少です。高齢人口は約1,188万人増加し,3,764万人になり,46.1%増加します。
2050年の総人口の構成比によりますと、高齢人口は39.6%にも達し,約4割は高齢者となっています。

 

②人口減少社会で人生設計を見直す
人口の減少により、住宅地は分散から集中への転換が強制されます。これからはコンパクトシティーの「居住誘導区域」内に集中して暮らすことになります。
住宅ローンを35年間払い続けて残した郊外の自宅は、人が住めなくなり、貸すことも、売ることもできない負動産になるのです。
その負動産のために35年間ローンを払い続けて人生を終わる「ライフプラン」は変更するべきです。
社会環境の変化によって、これまでは「自宅を買うと一人前」と言う看板でしたが、これからは「RA投資で財産形成」の看板を新しいライフプランの基本にするべきです。 

 

本年は、このブログが最後です。         

ご愛読ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年は元旦に、お耳よりなお話を用意しております。 

こうご期待を・・

それでは、良いお年をお迎えくださいませ。       

      

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト