若者はマイホームの取得を人生の目標にしない【賃貸住宅】

 

             

 

   

   ★「無味乾燥」な都会を離れて漂泊する若者たちがいます。

 ★自宅の取得を人生の目標にしない若者が大多数です。

 ★若者よ、アナログ世代の慣例に流されず新時代を築け!

 

①農村を救うバイト
日本の農家は毎年6万戸ずつ減っています。国内で生産物を販売する農家は2015年に132万戸。30年で6割減。高齢化や担い手不足が深刻化するなか、全国を渡り歩く「農業バイト」は貴重な戦力になっています。
農業の求人情報に特化したサイト「第一次産業ネット」の登録者数は現在、約6万人。毎月1,000人規模で増えています。
こうした季節労働の「農業バイト」が「全国に3万~3万5,000人いるのではないか」と推計されています。

 

②若者の生き方
ある新聞には「かつて若者たちは都市へ向かい、農村は衰退した。今、その子供世代が農村に漂着し、自分の可能性を広げていた。」と報道があります。「無味乾燥(味わいや潤いのないこと)」な都会を離れて、漂泊を始めた若者が3万人強いるのです。現在、自宅の取得は人生の目標にしないと考える若者が大多数です。この人達は自宅取得の「陰謀」を見抜いた正統派の若者です。マイホームは「夢」を買っており、現実の生活が貧しいものになります。転居中心の子育て中は自宅が不要ですから取得せず、子供が巣立った後に自宅の取得を検討してください。若い人達は新しい人生観を持って、新しい時代を伸び伸びと生きてください。

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト