これから失敗しない不動産投資はRAだけ【RA経営】

 

            

 

   

   ★図表の(C)は居住世帯のある住宅のうち、賃貸住宅の戸数

 ★図表の(D)は賃貸住宅の空き家の建物別の戸数

 ★空き家比率はアパート30%、賃貸マンション20%とします。

 

①賃貸住宅の建物の区分
上の図表の数字は2013年「住宅の土地統計調査報告」のものです。「RA」は、1つの建物が1つの住宅であるもの。「長屋建て」は、2つ以上の住宅を1棟に建て連ねたものです。「共同住宅」は、アパートや賃貸マンションのように1棟の中に2つ以上の住宅があるものです。

 

②アパートの空き家率は30%
空き家率が一番高いのはアパート(共同住宅・木造)で、26.6%の空き家比率。賃貸住宅の空き家は低めになっていますから、以下、30%とします。賃貸マンション(共同住宅・非木造)の空き家比率は17.7%ですが、これも以下、20%とします。
 
③RAの空き家比率
アパートやマンションのマッチ箱を積み重ねたような、共同住宅の形態が敬遠されています。これに対し、RAは、かなり老朽化が進んでいると思われますが、空き家比率が最も少なくなっています。

 

 

 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト