単身者と富裕層の賃貸住宅へのニーズ【RA経営】

 

           

 

   

   ★「学生」「サラリーマン」は広い共同住宅に転居します。

 ★「富裕層」とは、会社経営者、大企業支店長、医師、弁護士など

 ★「富裕層」には高級RAを会社契約で貸します。

 

①学生・サラリーマンのニーズ
「学生」と「サラリーマン」の単身者は、昼間には不在でホテル並みに寝るだけの生活になりますから、学校や職場近くの共同住宅(アパート・賃貸マンション)で対応可能です。

 

②自営業者のニーズ
単身者で自営業や自由業を営む人達は賃貸住宅内に店舗・事務所機能を求めていますから、RA(店舗付RA)は最適です。

 

③富裕層のニーズ
富裕層、リッチな単身者や会社の借上社宅に住む人達には、高級RAが求められます。
この人達に借家人を絞り込み、中心部にあるいは高級住宅地に、駐車場付き高級RAを経営することが可能です。
特に、三大都市圏の中で、土地がありRAを建築しますと、そのRAは地方の会社の東京の拠点、東京支店なり出張所として活用できます。もちろん会社契約として家賃は20万円~30万円も可能です。
このように、三大都市圏の中でもRAは大人気の賃貸物件なのです。
地方の場合も同様で、地方都市の中心地にある土地に、高級RAを建築しますと、富裕層からの人気があります。この富裕層は会社経営者、重役、大企業支店長、医師、弁護士などが対象者になります。 

 

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト