自営業者のRAへのニーズ【RA経営】

 

          

 

   

   ★店舗または事務所を開きますから立地は市内一円がよい。

 ★シャッター通りの空き店舗をリフォームしても使えます。

 ★1階を店舗または事務所にして2階から上を住居にします。

 

①店舗付RA
立地条件は市内の中心部,または市内一円でも構いません。ビジネスに使える事務所併用住宅ですから,市内に限ります。

 

②立地条件
例えば,昔,栄えた商店街で今はシャッター通りとなっているような場所でも構いません。
地形は正方形30坪,あまりにも理想的です。1階床面積は10坪ですから,建ペイ率が80%,ガレージなしにすれば,12.5坪の土地に建築可能です。

 

③夢のあるオフィス
上のプランのポイントは,自営業・自由業のオフィスを1階に配置している点です。最近では,卸・小売業の商業は開業できず,様々なサービス業の分野で独立開業するしか方法がなさそうです。そうした単身者には,うってつけのオフィスです。
2階と3階が居住空間です。2階のLDKを17帖と広くしているのは,1階のオフィスに応接のスペースが取れない場合に,2階を応接室兼用で使えるように配慮しています。応接兼用の少し低めのダイニングテーブルを入れておけば,多目的に使えるでしょう。
3階はプライベートルームで,1ルームの機能が完備しています。風呂,トイレ,洗面など,3階に配置しました。単身から新婚さんまで使えます。 

 

好評につき2020年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト