高齢者の賃貸住宅へのニーズ【RA経営】

 

          

   

   ★高齢者は持ち家や分譲マンションから市内の賃貸住宅に移住。

 ★高齢者のニーズは平地,歩いて買い物や病院に行けること。

 ★高齢者はできれば,「シルバー・RA」に住みたい。

 

①高齢者の住まい
高齢化社会が進みますと、特に、都市周辺部の住宅団地に一戸建て住宅を建てた高齢者に問題が生じます。自動車に乗るのが危険になって、徒歩で坂道を登らなければならず、買物や病院通いに困り、団地に住み続けることが困難になります。これから、中心部を離れた高齢者が、再び、中心部に回帰する大移動が始まることになるでしょう。

 

②高齢者のニーズ
高齢者の借家人が求める賃貸住宅の立地条件は,まず,市内中心部への回帰です。あるいは交通の便利な駅の周辺,そして,病院やスーパーが近くにあることです。坂道を嫌って市内に出てくるのですから,好ましいのは平地にある住宅になります。

 

③シルバー・RA
大多数の高齢者は郊外の持ち家に住んでいた人達ですから,やはり持ち家仕様のシルバー・RAが喜ばれると思います。これは上の表のとおりです。
RAの場合には,家賃が少し高めになりますから,家賃を誰が,どのように支払うかが問題でしょう。

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト