空き家の活用は賃貸のみ【RA経営】

 

 

 

      

   ★登録商標のリフォレントはReform+Rentの新造語です。

 ★中古物件は、「貸せる物件」を購入しリフォレントする。

 ★リフォーム代に制限を設けてリフォームの契約をすること

 

①リフォレントは新造語
ReformとRentを組合せた新造語です。Refo+Rentでリフォレントです。商標登録済みです。広く普及することを願っていますから、ご利用の方は「RA経営士・初級」を取得してください。
この単語の意味は、空き家、これから空き家になる転居後の自宅、購入した中古物件などをリフォームして貸すことを表します。

 

②中古物件の投資対象
投資物件として中古物件を購入する場合、土地は価格が下がりますから、持っておくだけでは必ず損をします。その点から、やはり貸せる場所にある物件を購入するべきでしょう。

 

③リフォームの注意点
リフォームは素人考えで着手すると際限なく拡大していきますから、プロの建築士の先生と相談しながら進めてください。
リフォームの金額を制限することが最も大事なことです。

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト