安く貸せる空き家のリフォレント【RA経営】

 

 

 

      

   ★空き家のオーナーが空き家を活用する対策です。

 ★空き家をリフォレントすると家賃は低くできます。

 ★リフォレント障害要因を除去します。

 

①空き家のルーツ
世の中空き家であふれています。街中も空き家がありますが、特に気になるのは、30年前位に市の中心から郊外に拡散した住宅造成地の空き家です。
ここでは、空き家のオーナーが空き家をリフォレントする決断を促すものです。

 

②空き家の活用
その空き家に今後も誰も住まないのであれば、① 「リフォームして貸す」ことを検討してください。立地条件が、松(駅の中心)、竹(市内)であれば、貸すことはできます。
実は家賃を低くしても採算が合いますから検討の余地があるのです。

 

③家賃の競争力がある
図表は、築20年の空き家を自己資金300万円をかけてリフォームして、10年間貸すとした時の家賃査定の問題です。
リフォーム代を10年かけて回収しますと、毎年30万円になります。固定資産税などの経費を10万円にすると、経費は40万円になります。建物のローンが残っていれば加算する必要があります。
今は、経費40万円としますと、下の表の下から、家賃を4万円で貸しても不動産所得は年8万円出ます。家賃を5万円で貸すと、不動産所得が年20万円出ます。RAですから一戸建、庭付き、ガレージ付ですから、家賃4~5万円なら借り手がいます。

 

 

好評につき2019年12月31日まで相続税速算ソフト無料公開を延長!

相続税速算ソフト