税理士の先生方へのご提案

オーマド創業(賃貸特化戦略)のすすめ

市場とオーナーの現状そして問題点
供給過剰の狭いアパートをメーカーや金融機関などが「節税神話」と「誤解商法」により思い切り販売しています。

しかし、オーナーには経営者としての感覚はなく、経営計画書が読み切れないままアパートを建築してしまいます。その為、30%が空室となってしまい、アパート経営に失敗します。

オーナーのサポーターがいない

現在の資格制度では、オーナーを支援する貸家マーケティング・プロは不在です。その為、オーナーは1人でハウスメーカーの営業に巻き込まれてしまいます。

貸家マーケティング・プロの育成

貸家経営に関する新しい資格制度を創設しました。住宅市場論のみの「KA貸家経営アドバイザー」と、さらに「経営計画」と「税務知識」3科目を修得する「KS貸家経営診断士」です。

KAKSともに貸家のマーケティングを修得する為、市場性のある賃貸経営が指導できます。

オーマド創業(貸家特化戦略)

税理士の先生は「貸家経営診断士」の資格の取得に挑戦して頂き、是非、賃貸特化事務所を目指して下さい。
貸家経営診断士を取得された税理士の先生方は、オーナーのための指導者ですから、賃貸経営に適切な指導が可能となります。顧問先のオーナーを間違ったアパート投資による数千万円の損失から防ぎ、貸家経営の成功へと導くことができます。

 

貸家経営診断士を取得された税理士の先生方はオーマドの創業(賃貸特化戦略)をおすすめします。

オーマドは、展示企業やデザイナーとネットワークを組み、オーナーの「幸福の実現」を目的に業務を遂行しつつ、オーマドを中心とした人脈の輪を築くことができます。

そして、新規の顧問先としてオーナーの開拓ができます。これは会計、税務申告の開拓となるほか、オーナーに対し相続対策や節税対策の指導ができ、市場の開拓になります。

筆者は、企業の「売上高」は「人脈の量」に比例すると考えています。オーマドを創業され人脈の輪を拡大すれば必ず税理士事務所の売上が拡大すると断言します。

税理士事務所のメリット

1 貸家経営診断士の資格が取れる

  • 日本唯一の資格

    貸家経営のオーナーを支援する専門家(資格者)が現在のところ不在です。

    そのためオーナーがアパートメーカーや金融機関の営業活動によってアパートを建築しています。

    しかし、狭いアパートは供給過剰であり、経営に失敗します。

    このアパートの建築は社会的に不要な建造物(ゴミ)であり、「建築資材の無駄遣い」と「労務費の浪費」ですから、社会的にも損失なのです。

    オーナーを守り社会的損失を防ぐのが貸家経営診断士なのです。この資格は日本唯一の資格であり、有用性から考えますと、やがて国家資格に育ちます。

  • 空白を埋める資格制度

    隣接する資格制度の、中小企業診断士、FP,宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士などと異なり、貸家経営診断士は、「住宅市場論」「貸家経営論」「税務知識」の3科目が受験科目です。

    住宅のマーケティングから、経営計画の策定までオーナーの要望によって、貸家の経営を支援する新しい分野の資格です。

    貸家経営診断士を取得し、貸家を経営するオーナーに適格なマーケティング企画を行うオーマドを創業して下さい。

2 多角化戦略

  • 貸家マーケティング企画は有望分野

    今、住宅市場では広い賃貸住宅が極めて少なく、戸建賃貸の「貸家」が200万戸も供給不足となっています。

    アパートから「貸家」へ大きな波が押し寄せています。貸家経営のマーケティング企画は成長分野の一つですから、多角化のビジネスとして最適です。

  • オーナーを全面的に支援

    オーマドには貸家経営診断士の所属が必要です。この両者の関係は、オーマドを病院や薬局としますと、貸家経営診断士は医師や薬剤師に相当します。

    オーマドにはハウスメーカーは認可しませんから、オーマドでは貸家の建築営業は致しません。

    オーマドの運営理念は「貸家マーケティング企画により、オーナーの幸福の実現を支援する」ことです。オーナーの立場に立ってオーナーを全面的に支援するのです。

  • 本業へのシナジー効果

    オーナーからの信頼を得ることによって、本業の幅を広げ、売上拡大につながります。

    例えば、税理士事務所であれば、オーマドの創業によって、賃貸特化事務所として、オーナーの不動産所得の会計業務、税務申告、相続税節税対策、相続税申告などオーナーからの受託が拡大します。

    人脈が拡大しますと、売上が拡大します。オーマドの創業で人脈を開発して下さい。

3 オーマドのPR

オーマドが認可されますと、まどてんのHPに名簿が掲載されます。全国版ですから、全国にPRが出来ますが、それよりも大切なのは地元のオーナーからの問い合わせが入る仕組みになっていることです。

お客様開発の有力なツールとしてHPへの名簿の掲載(初期費用ゼロ月額会費ゼロ)をお待ちしています。

税理士事務所のメリットの図解

「貸家経営診断士」資格取得・登録 ①顧問先の賃貸オーナーがアパートを建築するリスクを防げる。
②顧問先の不動産活用(「貸家の新築」「既存住宅の貸家へのリフォレント」「宅地造成」及び「貸家投資」など)の指導ができる。
オーマドの創業(賃貸特化戦略) ③新規オーナーが開拓でき業務が拡大します。
④新規オーナーに相続対策・節税対策の指導ができます。
⑤オーマドのネットワークにより人脈が増加し、売上が拡大します。

簡単にチャレンジ出来る

賃貸特化戦略(オーマド創業)の入口は、「貸家経営診断士」の資格試験を受験し合格することで実現し、新規顧客の開拓が可能になります。

資格の取得は、「一般試験」と「資格認定講座」のいずれかの方法があります。

今回、2018年末までの間、一定数に達するまで、「OSSスタートキャンペーン」を開催しております。

格安で、確実にオーマドの創業が実現します。是非チャレンジして下さい。