オーマド創業者の募集

オーマド創業のすすめ

  1. オーマドはオーナーの成功のための新しい分野の「貸家マーケティング企画」です。
  2. オーナーの支援のために業務を行う新しい職業です。

オーマド創業のメリット

  1. オーマドの創業のためには「KS貸家経営診断士」の資格が必要です。この資格の取得により貸家経営のプロフェッショナルとして活躍ができます。
  2. 新しいオーナーの開発になるため、本業の売上拡大になります。
  3. 人脈の開拓になるため、本業の売上拡大になります。

オーマド創業対象者

  1. オーマドの創業者は「KS貸家経営診断士」の資格者で本部の認可を受ければどなたでも創業できます。
  2. 金融機関として、銀行、信用金庫、信用組合、農協・漁協などが対象になります。
  3. 各種資格者として、税理士、公認会計士、中小企業診断士、FPなどが対象になります。
  4. 宅建取引士として、宅建業者、賃貸管理業者などが対象になります。
  5. ハウスメーカーは認可しません。

オーマド認定基準

  1. 従業員数が5名以上の場合は、KS貸家経営診断士が2名(2018年末まではKSが1名)以上必要です。
  2. 各県毎に1次募集人員は人口10万人当たり1店舗の予定です。
  3. オーマドの認可申請は本部に行って下さい。
  4. 認可に当たっては、書類審査、面接、試験などを実施します。
  5. オーマドが認可されますと、加入金が10万円+税が必要です。会費はありません。研修費は実費が必要です。