資格制度クイック解説受験のすすめ

宅地建物取引士の皆様へ

賃貸住宅市場の現状は…

相続対策としてアパートを建てたいが建てても良いか?
賃貸住宅の空き室は今後どうなるか?
賃貸住宅の家賃は今後下がり続けるのだろうか?
自宅だった住宅が空き家になっているがどうすれば良いか?
田舎にある空き家はどうすれば良いか?
様々な質問を受けて解答に迷われていませんか?

住宅市場の動向を知る機会が少ない

宅地建物取引士の試験科目にも無く、賃貸住宅市場の現状やトレンドを知る機会はほとんどありません。そのため、上記の質問や疑問に答える自信がありません。

RA経営士・中級の受験をおすすめ

RA経営士・中級の試験科目は次の3科目です。「住宅市場論」では、住宅市場の現状やトレンドを、「貸家経営論」では貸家の経営戦略を、「税務知識」では不動産賃貸に関する税務知識を学びます。
受験への投資額はわずか14,040円(テキスト代3,024円+問題集代2,376円+受験料8,640円)です。合格すれば、賃貸住宅市場のトレンドが総合的につかめますから、理論武装により、バックボーンが確立し、信念が生まれます。迷える営業マンから、確信に満ちた「入魂の塾生」に脱皮できます。

賃貸住宅オーナーをサポート

宅地建物取引士の皆様はRA経営士・中級に合格すれば、自信に満ちた適格なアドバイスができるようになり、賃貸住宅オーナーから信頼を得て、ビジネスがスムーズに展開するようになります。
また、賃貸住宅オーナーの「財産管理」の視点から、「財産の組み換え」や「リフォレント企画」「貸家新築企画」など新しいアプローチが可能になります。
「賃貸住宅オーナーの繁栄をサポート」するためご活躍下さい。