資格制度クイック解説受験のすすめ

賃貸住宅オーナーの皆様へ

受給バランスが崩れている

現在の賃貸住宅市場に大量の空き室が生じています。これは、賃貸住宅が供給過剰で、需要が少ないことを示しています。
実は、もっと深く分析しますと、「狭い賃貸住宅」は供給過剰で空き室が生じており、「広いRA」は供給不足で、借家人が困っているのです。
つまり、「狭い賃貸住宅」を供給すると失敗し、「広いRA」を供給すると成功するのです。

賃貸住宅市場の現状を知ること

賃貸住宅を建てれば借家人が居るとの考え方は、1968(昭和43)年に終わっているのです。この時点で住宅の需要と供給のバランスが取れ、その後は住宅余りが続いているのです。
現在では、借家人のニーズにマッチした賃貸住宅を建てなければ成功しません。このように、賃貸住宅市場の現状とトレンドの知識を得た上で、賃貸経営をしなければならないのです。

RA経営士に合格すること

賃貸住宅市場の現状とトレンドを試験科目とする「RA経営士・初級」という資格試験を創設しました。
賃貸経営をする賃貸住宅オーナーのためには「必須の資格」です。
受験にかかる費用は、わずか10,800円(テキスト代3,024円+問題集代2,376円+受験料5,400円)です。
先ず、賃貸住宅オーナーがテキストを読み、受験し、合格してみて下さい。賃貸経営者としての信念が生まれ、自己の財産を守ることができます。

後継者が合格すること

賃貸住宅オーナーが、もう勉強するのが嫌だという場合には、後継者に受験させて下さい。後継者も、財産を引き継げば賃貸経営が簡単にできる時代ではありませんから、賃貸住宅市場の現状とトレンドを勉強しなければなりません。
また、後継者が試験に合格しなければ経営能力に問題がありますから、後継者の経営の能力の判定のため、最低条件として、受験させて下さい。

RA経営士に相談する

賃貸住宅オーナーや後継者が受験しない時には、RA経営士を相談相手として選んで下さい。
この資格者は、住宅市場の現状とトレンドを修得していますから、適切なアドバイスをして、「賃貸住宅オーナーの繁栄のためにサポート」してくれます。
これらの資格者は当塾が発行した資格を証明する資格認定証を所有しています。