RAネーミングの趣旨

戸建貸家をRAと命名

このほど、戸建貸家をRAとネーミングいたしました。RAはこれから15年以内に賃貸住宅市場の主流になるものですが、他の共同住宅の賃貸物件と混同され埋没しています。

戸建貸家のRAは共同住宅とは比較にならない優位性があり、オーナーにも借家人にも喜ばれる賃貸物件なのです。

賃貸物件の中から戸建貸家にスポットライトを当て、差別化を図るために、このほどRAとネーミングいたしました。

ディープインパクト

RA 」を市場に明示することで住宅市場が劇的に変化を始めます。

それは共同住宅(アパート、賃貸マンション)から目線が離れ、改めてRAに気付きます。

オーナーはRA投資を開始します。

35年間住宅ローンを払い続けて人生が終りになる、自宅(分譲住宅・分譲マンション)の購入を止めた借家人が、RAに入居します。

賢明なサラリーマンの方は自分のライフステージに合わせてRAを転居しながら、一方では所有地にRA投資(新築RA)を始め、財産形成をします。

また、新築RAだけでなく、空き家や中古物件は「リフォレント®」し、中古RAとして安い家賃で市場に供給されはじめ、多様なRAの市場が形成されます。

お力添えのお願い

今、「所有の時代」から「RAの時代」を迎える「夜明け」の時です。住み良い社会の実現に向けて、住宅市場を正常な軌道に戻すために、この歴史的な転換点に立つフロンティアとして、皆様方にお力添えをお願い申し上げる次第です。

共同住宅

アパート 2,388,200戸
賃貸マンション 13,403,800戸
長屋建て 892,200戸
その他 27,700戸
入居者合計 16,711,900戸
空き家合計 4,042,900戸
供給総計(91%) 20,754,800戸
空き家比率 19.5%

 

狭い面積の物件が供給過剰で、アパートは26.6%空き家です。ゴミとして市場から消えます。

戸建住宅

「貸家」の本家は戸建貸家です。差別化のためネーミングが必要です。

一戸建貸家

1,807,100戸
入居者合計 1,807,100戸
空き家合計 248,900戸
供給総計(9%) 2,056,000戸
空き家比率 12.1%

 

希少物件で723万戸不足です。ニーズが高く、今後の市場の主流になります。